忍者ブログ
マイナー武将とは言わせない!
ここでは、遠江相良氏や肥後相良氏について語ります。
言うなれば、相良氏ファンサイトですよ。




 
[21]  [20]  [19]  [17]  [16]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [9
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

本日2月22日、キリのいい日付です。
最近どうやら、武将の名前に侵されているようです。
「光景(こうけい)」を「みつかげ」と読んでしまいます。
…はい。
実はですね。
先日、司馬遼太郎氏著の「街道をゆく3-陸奥のみち、肥薩のみち ほか-」を読んでみました。
普段記事を書くとき、とある本を参考にさせて頂いているのですが、その冒頭にこの本の文が引用されていたのです。
当ブログのいちばん最初の記事に書いた「670年も家を継続させたのに、司馬遼太郎氏には『それは偶然だ』と言われていたり」は、冒頭を参考にした記述、つまり「街道をゆく」の内容です。
さて。
司馬氏は実際、相良氏の家系持続をどれだけ「偶然だ」と述べているのか。
その辺りを確かめてみました。

…なかなか徹底的に、偶然を強調していました。
あまり語るとネタばれになってしまいますので、詳細は書きかねますが、氏は、「人吉盆地という、外界との交通を遮断しているかのごとき地形が相良氏を永く守りに守ってきた(本文より)」と考察されています。
隠れ里のような土地であったから、飛び抜けた英雄を輩出せずとも、長きに渡って生き残ることが出来た。
そして司馬氏は、「求麻郡略史」の『時に四方を攻略し、勢(いきおひ)不可なれば則ち入りて之を守る』を引用、そのような相良氏の動態を日本のそれと比較し、類似していると述べています。
小さな一族の生き様を、国なんていう大きなものと比べて下さるとは(笑)。

のちに話は薩摩に移り、島津氏や西郷隆盛などに焦点が合わせられます。
少し面白かったのは、司馬氏の目線の違いですね。
薩摩の人物を語るときは、一人前の人物として敬いを込めて見ているようなのですが、相良氏のときは、半人前の小僧を前にするような、見下げる感のある目線に思えました。
まぁ薩摩のくには、戦国期も、江戸期も、果てには明治維新時も、勇壮かつ自立心旺盛なくにでしたからね。

そう言えば、今週水曜20日のNHK「そのとき歴史が動いた」で、加藤清正について放送されていました。
「肥後」「熊本城」という言葉にそそられて観てみましたが、うっかり相良氏が出て来る場面は一度もありませんでしたorz。
管理人が贔屓にしている長続を出せとは言いませんから、友情と家系存続のはざまで倒れた義陽や、島津幕下から独立し、人吉藩祖として活躍した長毎(ながつね)くらい、出してくれないかな…。
マイナー武将のテレビ出演を願う…。
(マイナー武将とは言わせない、と言ったのは誰だ←笑)

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
こよみ
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
(劇)池田商会制作様

「『広目天の眼 不知火の海』公演特設サイト」(劇)池田商会制作様
2008年9月14日、九州戦国史を描く演劇を上演されました


黒い吟遊詩人氏

「狗小屋」黒い吟遊詩人氏
戦国島津氏が題材の「戦国島津伝」が完結し、現在は「志純太平記」を執筆されています


犬童頼兄日記

「犬童頼兄日記」
「殿様の御ために」日々働く犬童頼兄を創作


さがら紀行

「さがら紀行」
人吉旅行記


さがら検定

「さがら検定」
さがらマニア度を検定いたします


匠氏画廊出張所

「匠氏画廊出張所」
管理人の知り合い絵師・匠氏による武将絵です


歴史ブログ村

歴史ブログ村(PC用リンクバナー)
ランキングに参加させていただいています


歴史ブログ村(PC用リンクバナー)

来訪者数
さがら書簡
メールフォームです。
お気軽にどうぞ。
さがら書簡(別窓開きます)
アンケート
さがら本
Amazonにリストマニアを作成しました。

肥後 相良一族

肥後 相良一族
(池田こういち 著)


相良氏の基礎の基礎をおさえるには持って来いの一冊です。
当ブログでいちばんお世話になっています。

街道をゆく

街道をゆく3
陸奥のみち、肥薩のみち ほか

(司馬遼太郎 著)


司馬史観が、相良氏を斬る!
人吉のまちの様子が見えてきます。

関ヶ原

関ヶ原
(司馬遼太郎 著)


戦国時代を締め括る総決戦。
この大合戦から、相良氏を見てみる。
領内検索
いわゆるひとつの「ぶろぐ内検索」です。
最新CM
[09/19 ミルグレイン]
[08/18 何某]
[08/13 相良]
[08/13 相良]
[08/13 相良]
最新TB
管理人紹介
HN:
某N
性別:
非公開
職業:
藩校生
趣味:
九州
自己紹介:
身分:分家生まれ。尚且つ長子でもなし…。
欲しいもの:日本刀と笛
なりたいもの:相良氏の領民(笑)。
贔屓の相良氏:第11代長続公
バーコード
お天気情報
アクセス解析
忍者ブログ [PR]