忍者ブログ
マイナー武将とは言わせない!
ここでは、遠江相良氏や肥後相良氏について語ります。
言うなれば、相良氏ファンサイトですよ。




 
[51]  [50]  [49]  [48]  [47]  [46]  [45]  [44]  [43]  [42]  [41
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

深水父子 出奔。

犬童頼兄の勢力の増大に抵抗できなかった深水頼蔵は、ついに人吉の地を去ります。
長毎とともに伏見から帰るとき、彼は球磨には戻らず、(頼蔵のお祖父さんである)宗方以来なじみの深い佐敷(さじき)に行き、出奔して肥後の加藤清正を頼りました。
これを機に、父の織部(おりべ)も出奔。
彼らが逃げ出したのを見た頼兄は、2人の妻子を捕らえ、人吉城中などに監禁します。
湯前に居た竹下氏(以前、犬童氏討伐を企んだ人たち)が妻子の奪還を目論みますが、むなしくも失敗に終わりました。
犬童氏にスキ無し(笑)。
そして結局、頼兄の命令を受けた犬童久右衛門によって、深水氏一党73人は殺害されました。

その仕打ちを「頼兄の横暴」とした深水頼蔵は、「私怨」として伏見に訴え出ました。
石田三成は頼兄を召喚し(召喚魔法か←笑)、頼蔵と一緒にその行為…一党殺害について詰問しました。
犬童頼兄は、
「一党の処断は、自分が勝手に判断して行ったものではありません。主君長毎の命によって為したのです」
と答えます。
現に、長毎は頼兄に深水氏討伐の命令を書いた文書を渡していましたし、頼兄はそれを三成に提出しました。

これ以上どうしようもないほどの証拠を出されてしまった深水頼蔵。
不利は不利だけれど、不利どころじゃない不利っぷりですよ。
もはや勝ち目なし、と悟った頼蔵は、法廷から逃走するほどだったそうです。

それから改めて、三成から頼兄に頼蔵追捕の許可状が与えられました。
これで、より堂々と頼蔵を攻められるようになった頼兄。
しかし頼蔵は頼兄の追捕を逃れ、朝鮮に行く清正軍に従って、蔚山(ウルサン)城の攻防戦で戦死しました。

犬童・深水両一族の対立は、一方の死亡という結末で終わりました。

こうして、長毎政権下の犬童・深水の「両輪」補佐体制は崩れ去り、砂礫となり、犬童休矣・頼兄父子の独占体制がはじまります。
加藤清正と石田三成の仲が悪かったことは有名ですが、清正を頼った頼蔵と、三成を頼った頼兄の対立構図は、彼らトップクラス武将の抗争の一端にも持ち込まれた、とも言えるそうです。
地方の小大名の家臣ごときが、おっそろしいものに影響を与えたのですねー(笑)。

「諸人が憎しみを持っても、顧みないほどの御奉公をするほどの人物こそ、忠貞と思し召される者なのだ」

深水一族との対立に勝利した頼兄の言葉です。
自信に満ちている様子がうかがえます。
「殿様の御ため」を合言葉に働き、その結果、ついに自分が権力の中枢に達した。
そんな達成感を秘めているようにも思えます。
しかし。
それと同時に、彼はこのような言葉も残しているのです。

「自分には御家中では気心の知れた人は一人もいない」

きっと頼兄は、家中から冷ややかな目で見られていたのでしょう。
管理人から見ても、頼兄は少々強引で強欲な人に思えます(それゆえに好きですけど)。

孤独な権力者 犬童頼兄。
彼は家中の視線にもめげず、これからも彼らしい舞台を披露してくれます。
次回、「犬童清兵衛頼兄 肆」では、関ヶ原の合戦時の頼兄について書いていきます。 4:08

↓相良氏ばっちこい!(押して頂けると、当ブログのランキングがアップします)
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ にほんブログ村 戦国時代(携帯用リンクです)

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
こよみ
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
リンク
(劇)池田商会制作様

「『広目天の眼 不知火の海』公演特設サイト」(劇)池田商会制作様
2008年9月14日、九州戦国史を描く演劇を上演されました


黒い吟遊詩人氏

「狗小屋」黒い吟遊詩人氏
戦国島津氏が題材の「戦国島津伝」が完結し、現在は「志純太平記」を執筆されています


犬童頼兄日記

「犬童頼兄日記」
「殿様の御ために」日々働く犬童頼兄を創作


さがら紀行

「さがら紀行」
人吉旅行記


さがら検定

「さがら検定」
さがらマニア度を検定いたします


匠氏画廊出張所

「匠氏画廊出張所」
管理人の知り合い絵師・匠氏による武将絵です


歴史ブログ村

歴史ブログ村(PC用リンクバナー)
ランキングに参加させていただいています


歴史ブログ村(PC用リンクバナー)

来訪者数
さがら書簡
メールフォームです。
お気軽にどうぞ。
さがら書簡(別窓開きます)
アンケート
さがら本
Amazonにリストマニアを作成しました。

肥後 相良一族

肥後 相良一族
(池田こういち 著)


相良氏の基礎の基礎をおさえるには持って来いの一冊です。
当ブログでいちばんお世話になっています。

街道をゆく

街道をゆく3
陸奥のみち、肥薩のみち ほか

(司馬遼太郎 著)


司馬史観が、相良氏を斬る!
人吉のまちの様子が見えてきます。

関ヶ原

関ヶ原
(司馬遼太郎 著)


戦国時代を締め括る総決戦。
この大合戦から、相良氏を見てみる。
領内検索
いわゆるひとつの「ぶろぐ内検索」です。
最新CM
[09/19 ミルグレイン]
[08/18 何某]
[08/13 相良]
[08/13 相良]
[08/13 相良]
最新TB
管理人紹介
HN:
某N
性別:
非公開
職業:
藩校生
趣味:
九州
自己紹介:
身分:分家生まれ。尚且つ長子でもなし…。
欲しいもの:日本刀と笛
なりたいもの:相良氏の領民(笑)。
贔屓の相良氏:第11代長続公
バーコード
お天気情報
アクセス解析
忍者ブログ [PR]